召喚労働者はじめました_03

一週間、時間があれば書いていました。
おかげで現在34話、最終話まで進みました。
前回、『かなりどんよりした展開』と書いていましたが、結局まるまる1話書き直ししました。
まるで過去に作ったゲーム[Rensa]-if-の一部シナリオのようにもう、毒々しいカンジでした。
胃が痛いヤツです。
書き直しても、ちょっと暗めになってしまいましたが。

いや、危ないテンションでした。
書かないと気持ち悪くなってしかたない状態ってはじめてでした。
今はぜんぶ吐き出してスッキリです。
残りはエピローグだけです。
こちらはもう好き勝手に書こうと思います。

更新は変わらず、日曜20時設定でノンビリといきます。
よろしければ最後までお付き合いください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック