サモワカ(仮)

なぜかパッと浮かんでしまい、小説を書いています。
今回はプロットもなく、思い浮かぶままに筆を進めています。
そのため、新設定を付け足すたびに以前に戻って書き直しているので進みがすこぶる悪いです。
しかも終わりも決まっていません。
登場人物すらその場の流れで生まれています。
内容も単調で面白みがないが自分でもわかるくらいの作品です。
たぶんまともに完結しないでしょう。
それでも眠らせるのも惜しいので、当初、書きたかったエピソードまで上がったら「なろう」で公開しようと思います。
「WANDERERS」からの落差を楽しんでいただけたら幸いです(なんだそりゃ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック