ViewSonic VX2858Sml

モニターを7年ぶりに買い換えました。
以前の物は三菱製の23インチ、リモコン付モニタでした。
まだ現役で使えるのですが大きな物がほしくなり、なんとなく交換です。
いろいろと悩んだ末に選んだのがVX2858Sml です。
決め手は大きさ(28インチ)、HDMIと音声外部出力装備、ノングレア、操作性です。
実のところ入力切替や音量調整を頻繁に行うためリモコン付きがよかったのですが、値段に負けてこちらにしました。

接続はパソコンとブルーレイレコーダーをHDMIの1番と2番にそれぞれつなげています。
D-SUBは使っていません。

設置が終わって電源をオン。
そして「あれ?」と思いました。
ノングレアじゃない……
正確にはハーフグレアというのでしょうか、グレアほど映り込みはしませんが、ノングレアと呼べるほどマットではありません。
ベゼルは完全な艶ありで、いっそ返品しようかとも思いましたが、まぁそのうち慣れるだろうと使い続けることにしました。
他の面ではよいところもあるので。
ただ、正真正銘のノングレアを希望する方は選択肢から外したほうがよいです。

発色はよい、と思います。
このあたりは個人差なので断言はしませんが、調整しやすいので悪くはないでしょう。
初期状態では多少青みが強く、明るいです。
動画も見ましたが気になることはありませんでした。
以前のモニターよりはテロップも読みやすかったです。
もともと動体視力がいいわけでもないので、参考にはならないと思いますが。

操作性。
パネルの正面・下に5つのタッチセンサーがあります。
それぞれ「1」「2」「●(電源)」「△」「▽」と書かれています。
「1」を押すと各種メニューが出ていろいろと設定ができます。
入力先の切り替えもいちいちメニューからたどらないとダメかと思ったら、「2」を1回押すだけでダイレクトで入力が切り替えできて便利です。
ダイレクト切替ボタンがなかったとしても、入力信号があるほうに自動的に切り替わるので非常に楽です。
パソコンとブルーレイを同時に立ち上げたときは、タッチセンサーで手動切り替えが必要でした。
音量のダイレクトキーがないのが残念ですが、そもそもリモコンなしの時点でスピーカーは別に用意するつもりだったので自分的には問題なしです。

その内蔵スピーカーですが、内蔵の割には悪くない気がします。
音量コントロールが離れていてもできるなら、そのまま使っていたレベルです。

その他細かな欠点としては脚の高さが変更できないこと、ボディーがもろそうなところでしょうか。
それもあまり大した問題ではないので、総合評価は5段階の4です。
完全なノングレアでないのがつくづく惜しいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック