WANDERERS_04

未だ書き足りないことや、補足があるような気がしているのですが、とりあえず「小説家になろう」に投稿しました。
読者さんなら「小説を読もう」のほうがおなじみかもしれません。
わざわざ時間指定をしてしまったので、5月5日18時に第一話が、19時に二話がアップされる予定です。
以後は週1~2話くらいのペースで公開していくつもりです。
いろいろと詰め込みすぎて言葉が足りているのかどうかも自分ではもうわかっていない状態です。
一年もかけて見切り発進かよ!とツッコまれそうですが、そういうものだと思ってお気軽に読んでください。
それと、けっこう面倒くさい自分世界設定が長々と語られるシーンもありますが、適当に流してオーケーです。
最後に今までの集大成を記録しておくつもりで書いたもので、物語としては省こうかと思った部分なので読まなくても大丈夫なはずです。
自己満足ではありますが、それなりに面白くは書けたかなと思いますので、最終話までお付き合いいただければ幸いです。

[Rensa]10周年記念

[Rensa]が10周年を迎えました。
それ以前にEARTH-eとか他にもあっただろうとツッコまれそうですが、なんだかんだで思い入れのある作品なので、10周年を記念した作品を作ってみました。


  -- 10周年記念作品 タイトル画面 --


少々インパクトのあるタイトル画面ですが、中身はほっこり青春コメディーとなっております。
……はい、冗談です。
ウソです。
まったく作っていません。
本題はこちら。
画像

ご覧のとおり[Rensa]と[Rensa]-if-を一本にまとめたものです。
ただそれだけでは寂しいので、ちょっとだけ手を加えています。

1、FHD化とそれにともなう全キャラの描き直し
2、全キャラ・フルボイス化+2Dアニメーション
3、イベント・シーンのフルアニメ・ムービー化
4、全楽曲の改変(笛は作者サンプリング)
5、シナリオの追加(およそ4倍増)
6、新キャラクター大量追加
7、ルート・マップのリアルタイム表示(選択可)
8、おまけゲーム追加

画像

追加・変更要素をすべて語ると長くなるので、シナリオについてだけ少々。

[Rensa]では新キャラが1名と、既存キャラの西川清美とバスケ部主将・山田先輩、養護教諭の山城先生も攻略対象となりました。
それぞれのアフター・ストーリーももちろんあります。

[Rensa]-if-ではメイン4人のifシナリオが楽しめます。
小道朝編では発表済みの「a little star」のほか、未公開の「DARK」編も入れました。
ぶっちゃけかなりムナクソ悪いシナリオなのですが、作ってしまった以上、公開しないのもなぁという理由で追加しています。
プレイしないことをお勧めします。
他の3名のifシナリオはすべて書き下ろしです。
なお、楠穂摘編には仕掛けがありまして、おまけゲームをクリアしているとエンディングがいくつか追加されます。
おまけゲーム自体がクリアまで100時間はかかりますので、気長に遊んでいただければ幸いです。

そんな各所パワーアップした[Rensa]Completeは2018年7月27日発売(税抜6,666円、DL専用)です。
ちなみに7月27日は小道朝の誕生日([Rensa]-if-情報)です。
よろしくお願いいたします!

-----------------------------------

※この紹介記事はエイプリルフールの嘘ネタです。けして信じないでください※

コイカツ_02

貴重な休みを食いつぶし、けっきょく36人分のデータを作ってしまいました……
画像

個性の問題でジンコウガクエンのときにも作らなかったキャラが何名か入っています。
自分では考えないタイプが多いので、一部は完全オリジナルになってしまうのは仕方がないところです。
上のSSにアップで映っている「美浦真夜」はそうしたキャラではなく、とどの作品ではけっこう登場しています。
もっとも、作品ごとに性格の差はあったりしますが。
とりあえずあとはキャラメイク完全版が出るまで寝かせておきます。
髪型や服などが追加されたら、またちょこちょこいじりたいと思います。

ちなみに、キャラカードのバック・カラーで作品わけしています。
 紫……[Rensa]
 桃……Pure☆Colors
 橙……
 青……プログラ
 緑……その他の作品からスポット 
 赤……完全オリジナル

LiveMaker

久々に公式HPを覗いてみたら、LiveMaker終わっちゃうじゃありませんか!
上でリンクを貼ってしまいましたが、3月には繋がらなくなっているのでしょう。
残念です。

とどが公開を視野に入れて本格的にゲームを作ったのは、Pure☆Colorsというノベル系のギャルゲーでした。
でもそれは逆でして、LiveMakerがあったからゲームが造れたのです。
それほど使い勝手がよく、わかりやすいツールでした。
その後、いろいろと要望を送ったりして叶えてもらったり、えらそうに掲示板で解答してみたりしました。
あれからずいぶんと月日が過ぎましたが、今でもノベル系を作るならLiveMaker一択です。
というか、他のどれを見てもメンドクサく感じてしまいます。
初期設定が楽、シナリオをチャートで追える、画像は要変換だけどアニメも作りやすい、EXEファイルも簡単に出してくれる、となれば代用ツールはあるのだろうか。
……いや、まぁ、そもそも、もうゲームを作る時間や体力がないんですがね(-。-;

思い出を語ると年寄りの回顧録になってしまうのでこの辺で終わりますが、開発者様には改めてお礼を申し上げます。
今までありがとうございました。
お疲れ様でした。
次はスマホ対応LiveMakerを楽しみにしております!

コイカツ_01

ジンコウガクエンとは違うとわかりつつ、なんとなーく気になってキャラメイク体験版をダウンロードしてしまいました。
で、とりあえずいつもの3人を作ってみました。
画像
画像
画像

いろいろ細かいパラメーターはあるけれど、全体的に指定できる数値幅が狭すぎてかゆいところに届かない感じです。
もう少し眼を小さくしたいとか、頭上部も何とかしたいところです。
でもやっぱり作るのは楽しかったりするので、時間がどんどん過ぎていきます。
我ながら何してんだろうなぁ……

WANDERERS_03

ようやく、ようやく書き終わりました!
こんなに長い時間をかけて書いた小説は初めてです。
そして最後でしょう(笑)
書いている途中で矛盾わきまくり、追加しまくりで本当に終わるのかどうかもわかりませんでしたが、とにかく終わりました。
で、これから一部書き直しを含めた見直しがはじまります。
長いなぁ……

2018年

おめでとうございます。
ここはもうほとんど生存報告の場と化している気がします。
年末になってようやくまとまった時間ができたので、小説の続きを書いています。
最終章なんですが、最後ならではのイベントどっさりでなかなか進みません。
書きあげても前半部分はすでに忘れていたりするので、推敲に時間がかかりそうです。
もういいかげん、本当に終わらせたいのですが……
そんな無計画で適当な進行ですが、今年前半はこれに集中しようと思っています。
では、本年もよろしくお願いいたします。