シンエヴァンゲリオン(ネタバレ注意)

観に行きました。
あくまで個人的な感想ですが、この監督はウルトラマンとか宇宙戦艦ヤマトを作りたかったんだろうなとふと浮かびました。
ラスト近くまで観てなんとなく感じただけです。
ストーリー的には『視聴者が望むような形』にしてあって、そこに感動などはありませんでしたが悪くはなかったと思います。
唯一、気に入らなかったのは、毎度のことながら、どこかで無理に『現実』を突きつけようとする演出です。
アニメはアニメであり、そこに無理に『現実』を見せなくても誰もがわかっています。
そこをあえてなのかもしれないのですが、アニメ以外の演出は作品を陳腐なものにしているように思えます。
一種、監督の照れ隠しなのかもと考えもしましたが、ただの老人の説教なのでしょう。
ラストはそこで醒めてしまい、ものすごくつまらない物に感じてしまいました。
また、Qの初見から思っていたのが、「なんでみんなちゃんと会話をしないの?」でした。
目覚めたシンジにきちんと状況や経過を話すこともなく、一方的に禁止命令だけを突きつける。
これがずっと引っかかっていて、この時点でストーリーを作るための構成なんだとしか思えませんでした。
恰好ばかりで本当にやるべきことをしない大人しか出てこないアニメの印象は覆せなかったです。
と、さんざんマイナス面を語りましたが、映画としては及第点です。
エヴァとしてはこんなものかな、です。
スタッフロールの長さに疲れはしましたが(あれは余韻ではなく無駄)。
最後にもう一度いいますが、あくまで個人の感想です。

この記事へのコメント