WANDERERS_13

キャラクター裏話・第6回。
今回は『WANDERERS』オリジナル・キャラクターから『水上修斗』『霧ヶ峰迅』の二人です。
この二人、主人公でした。
本当に主人公でした。
格闘ゲーム『KOF』でいうところの草薙京の主人公チーム、スパロボのオリジナル主人公みたいな立ち位置です。
なので、物語も彼らを中心に進むはずでした。
第一話『屋上からの景色』で、SKK88のメンバーとしてフレイアスや天条マナたちについて語っていたのも、初期原稿ではこの二人でした。
それが話の流れ的に出番が見当たらず、六話あたりを書く頃には「いらないんじゃね?」となり、紫堂竜兵と美浦真夜にとって変わられました。
当初は竜兵と真夜の後輩でしたが、その二人が目立つようになると、今度は八十八守護者としての有能な先輩が必要となってきました。
そこでようやく『水上修斗』『霧ヶ峰迅』にお鉢が回ってきたのです。
キャラクター的には『運動の水上、頭脳の霧ヶ峰』となっており、このあたりは本編でも同じです。
主人公から脇役に降格されてしまい、ちょっとかわいそうなキャラクターたちです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック