とどぼんの広科ソバ始めました

アクセスカウンタ

zoom RSS WANDERERS_12

<<   作成日時 : 2018/07/08 19:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

『WANDERERS』は本日0時をもって『小説を読もう』に最終話を掲載、完結しました。
掲載はタイマー予約なのでその時間ぐっすり寝てましたが、とにもかくにも「終わったぁ」というカンジです。
最後までお付き合いくださった読者の方々に、深くお礼申し上げます。

というわけで今回の裏話は、題名の『WANDERERS』について書きます。
作品のタイトルがなぜ『WANDERERS』であったのか、懐古趣味なお話です。
とてもつまらない内容ですので、作品内容以外に興味がない方は特に読まなくても大丈夫です。

とどが初めて聞いた『WANDERERS』という単語は、日本ファルコムのゲーム『Wanderers from Ys』です。
イース・シリーズが好きだったこともあり、当時はゲームだけではなく音楽CDもよく買っていました(ボーカル・シリーズやソーサリアン・シンフォニーは今でも聴いています)。
この単語が好きで、過去には『WANDERERS』というRPGも作っています。
ちなみにこのときすでに、小説にも出てきた『アイラーン自由貿易都市』ができていました。
また、当時、けっこう好きだった漫画がありました。
成田美名子の『エイリアン通り(ストリート)』です。
その後のとどの作品に、少なからず影響を及ぼした作品です。
名作ですので、機会があればご一読ください。
この二つが合わさり、とどの初ホームページのタイトルとなりました。
それが『WANDERERS STREET』です。
なんと安直なのでしょう。
ですがとどはそのころからファンタジーだけではなく、学園物や宇宙物をヘタの横好きで書いていたので、放浪者だとか冒険者が集まる街道という意味でも良い名前をつけたなぁと自画自賛です。

そんなHPのもと、いくつもの作品が世に出ました(それよりもっと多くの未完成品があるのですが……)。
今回、小説『WANDERERS』はとどの集大成であり、最後の作品のつもりで書きました。
以降はもうゲームも小説も作らない、そう決めていました。
その最後の作品に『WANDERERS』と付けたのは、ごく自然なことでした。
本当はすべての作品からキャラクターを出してあげたかったのですが、物語の都合上難しく、断念しました。
それでも一つの区切りとして、今は書き上げられたことを嬉しく思います。
あとは読者の方に楽しんでもらえれば言うことなしです。

――と、しみじみしたところで、実際はそう割り切れるわけもなく。
最後と決めたくせに、「やっぱ、他のキャラも出すべきだよな」とか「残りのキャラとストーリーで2書くか」とか思ってる自分がいたりします。
もしそれが現実になったときは、また長々とお付き合いください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WANDERERS_12 とどぼんの広科ソバ始めました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる