オリジナル小説_04~イアーゼ~

とどのオリジナル小説について語るコーナーです。
第2回は「イアーゼ」です。
どこかで聞いたことのあるタイトルだと気付いた方は、かなりのとど通です(嬉しくない)。
荒磯の巌でご紹介しているゲーム「EARTH-e」はこの小説が根幹になっています。
もっとも、シューティングゲームなのであまり深い意味はありませんが。
EARTH-eのエンディングで流れる文章は、小説のラストに交わされる主人公とヒロインの会話からです。
小説版の内容は、宇宙創世の神様が過度の成長を遂げた人類を銀河ごと滅ぼそうとするお話です。
その滅ぼす力の発動キーがヒロインで、彼女の正体を知ったある男が彼女を連れ去り、力を自分の手にしようとします。
主人公の少年はそんな理由も知らずに囚われたヒロインを助けにいく――王道的な話ですね。
こうしてまとめると「天○の城ラ○ュタ」のパクリっぽいですね……
この小説は「DP」と同じ頃に書いています。
ぶっちゃけますと、この二本をまとめて某新人賞に送りました。
かすりもしませんでしたが。
今でも鮮明に内容は覚えているのですが、黒歴史すぎてどうしても読む気にはなれず、最近シュレッダーさんにお願いして抹消しました。
もし必要なときが来れば、改めて書き直したいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック